Top

好きな仕事に出会えたことが人生で一番の喜びです
by kyara_no_kaori
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
prof&link
いつも来てくださって
ありがとう♪
今日もお会いできて
嬉しいです

『伽羅のこと』
5×年前に小さな都会に
生まれ、そこで育ち・・・
街の様子は変わっても
ここが一番好きです


外部リンク
お気に入りブログ
ふぉとぶーけ
佐久平から諸行無常雑記録
piglet~no~きもち
Animal Skin ...
ぱおのお部屋
おかん時々ナースのブログ
ブログパーツ
最新の記事
お知らせ
at 2012-10-10 15:45
チョコレートコスモス
at 2012-10-09 14:28
夜明けの空
at 2012-10-07 22:19
曼珠沙華
at 2012-10-06 21:38
携帯より
at 2012-09-26 20:17
コスモスの季節
at 2012-09-20 09:52
夏季限定といえば・・・
at 2012-09-03 14:05
残暑厳しく・・・
at 2012-08-18 23:56
立秋も過ぎて・・・
at 2012-08-08 12:57
夏空
at 2012-08-06 01:02
カテゴリ
全体
日々徒然に
cafe&雑貨
さんぽ
おいしい

真っ黒クロスケ
和み
ナースのつぶやき
おうちごはん&お菓子

からだ
本&映画
せつない・・・ね
想い出
ぽえむ
blog
最新のトラックバック
初挑戦 「鬼まんじゅう」
from それぞれの幸せのために・・・
健康管理とは
from 健康一番
慣用句:尻尾を振る
from ことわざ・慣用句辞典
神奈川県鎌倉市・江ノ島の..
from 神奈川県 鎌倉市藤沢市 江ノ..
お花屋になりたい人の為の会!
from おまけでドットコム
以前の記事
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"Winter Hawk" Skin
by Animal Skin
休んだ本当の理由は・・・たぶん・・・
職場復帰をした最初の日・・・お昼の休憩が終わり病棟に戻ると
ある病室に師長と栄養士が来ていました。

部屋から出てきた師長がひと言・・・「臍を曲げちゃったわ。」

何があったんだろう?

話しを聞いてみると、昼の配膳車にその患者さん(Iさん)の食事が
無かったらしい。
気付いたスタッフが給食に連絡をし準備したのですが・・・

Iさんは「病院が食わなくていいと言ったんだ!!」

そう言われ食事することを拒否している・・・と。

だからといって「はい、そうですか。では、お膳を下げます。」という
わけにいかないので、とりあえずいつでも食事ができるように食堂に
置いておくことになりました。

「3時まではそのままにして・・・もし食べなかったら、下膳する前に
声を掛けてあげて。」

師長から言われた私は、よくある口やかましい患者さんなのね?と
暢気なものでした。
実のところ、まだ、休んでいる間に入院した患者さんの情報は整理
されておらず・・・Iさんのこともよく解らないままに・・・

下膳する時間が迫ってきた頃・・・Iさんのベッドに行き声を掛けます。

「Iさん、お食事を召し上がるのなら温め直しましょうか?」

すると、Iさんは私の顔を見るなり・・・


「余計なことするな!!聞いてないのか!!あっち行け!!」


すごい剣幕と口調で言われるのです。


それから以後・・・私が行くと検温も血糖を測ることも拒否。

私だけでなく何人かのスタッフも同じような扱いをされているようです。
病棟には他のスタッフもいるので、わざわざIさんのご機嫌を損ねる私が
行かなくても仕事が滞ることはありません。

そう思って仕事をしてきました。

ところが・・・金曜日、またIさんから苦情というか・・・ヤンチャが出ました。

師長が言っても聞く耳持たず、挙句に・・・

「嫌いなスタッフは近づけるな!
そいつらが担当の時は検温も検査もしなくていい。
I と T と Y と O だ!態度が横柄だ!!」

名指しで拒否をされたスタッフの中に私の名前もありました・・・。

たった一日・・・それも、わずか数分関っただけで・・・


これまでは、他のスタッフでやれることはお願いすればいいと思ってきた
けれど・・・
「看護師として受け容れてもらえなかっただけでなく、私個人の存在さえも
拒まれた・・・」
そんな気がしてならないのです。

人間同士ですから相性の良し悪しもあるでしょう。
これまでにも苦手だなと思う患者さんはいました・・・それでも、逃げること
なく関ってきました。

出勤してIさんの姿を見ると朝の挨拶をするのですが、聞こえているのか
いないのか解りませんが返事は無く・・・
廊下から病棟へのドアを開ける時・・・手が止まってしまうのです。


重く・・・苦しい・・・


「たまたま機嫌の悪い時に関ったのが運が悪かった・・・」

そう言うスタッフもいますが・・・
その「たまたまな時」にひと言二言言葉を交わしただけで・・・何故?
[PR]
Top▲ by kyara_no_kaori | 2008-11-09 20:56 | ナースのつぶやき
<< 無題 | ページトップ | 「病は気から」・・・ほんとね >>